ねこ夫くんの人間生活日記

ねこ夫くんの日々のあれこれ、お笑い、芸能、雑学

Aマッソのゲラニチョビ#20「フルーツ」の謎解きをしてみる

みなさん、今回のゲラニチョビはもうご覧になりましたか?

 

まだの方は是非こちらで↓

www.youtube.com

前回の「シッサク」といい、最近のゲラニチョビは難解になってきましたね。

 

ネットでも「ワケがわからん」「誰か解説して」なんていう書き込みが多いみたいですので、私なりの推理も交えて考察してみたいと思います。

 

まず、シッサク同様後半にスタッフとミーティングしている風のカットがありますが、そこでの「数字」の意味について。

 

これはズバリ、時間とフルーツの値段だと思われます。

 

これは村上さんの「オーバーし過ぎじゃない?(=経費がという意味?)」の発言等からも間違いないと思います。

 

前回のシッサクではすべて時間でしたが、今回はフルーツの値段も混じっているので少し分かりづらかったですね。

 

以下まとめてみます。

 

「331は298と3626」

⇒3分31秒(に出てきたスイカとバナナ)は298円(バナナ)と3626円(スイカ)。

 

「128からの205」

「全体で4180」

「340が2の、700が5」

⇒1分28秒からの2分5秒(に出てきたリンゴとアボガド)は全体で4180円。内訳は340円(リンゴ)が2つと、700円(アボガド)が5つ。

 

「516は213です」

⇒5分16秒(に出てきたドラゴンフルーツ)は213円です。

 

こんな感じだと思われます。

 

また、なんの意味もなくフルーツが登場しているかと思いきや、実は会話の内容に合わせて映り込んでいるようです。

 

例えば、村上さんが「(スタッフが)ウチに構い過ぎ」と発言している場面で村上さんの前のリンゴをアボガドが取り囲んでいます。

 

これは2つのリンゴはAマッソのお二人を、アボガドはスタッフを表していると思われます。

 

また、「テレビかネットか」という議論をしている時に、果物なのか野菜なのか判断が微妙なフルーツトマトが登場しています。

 

このような感じですべてのフルーツに意味があると思いますが、実のところ難解過ぎて私もまだすべての謎は解けていません。

 

謎を解こうと何度も動画観ているので、再生回数が増えていたらそれは私のおかげでもありますw

 

みなさんも良ければもう一度観てみてください。

 

しかし、これを考えた(であろう)加納さんはやっぱりすごいですね。

 

頭の中を一度覗いてみたいものです^^;